文書保管するのに、いくらなら預けられる?

文書保管するのに、いくらなら預けられる?

文書保管にいくら位かけられるのでしょうか?

企業でしたら、ある一定期間は会議の書類などを残しておかなければならない場合もあるかもしれません。

今はパソコンの時代ですが、会議となりますと、やはり紙に書いた文書をみんなに配る事になるでしょう。

Webで、残せればかさばらないで良いのですが、なかなか、入力するのにも時間がかかります。

そのような場合、文書を格安で保管してくれる場所もあるのです。

中でも安いのは一箱につき初回500円で、月額保管料は100円位で預けられる場所もあります。

見積もり不要な所もあり、簡単に解りやすい料金設定になっているようです。

このような低料金は保存箱の大きさを決める事により、安く設定するとことできたということです。

倉庫などに入れないで、自分の所で保管するのが、一番お金はかからないのですが、どうしてもというときは格安な倉庫もありますので是非、ご利用してみてください。

3年間、文書保管した後、破棄した場合も、かなりお安くなっております。

どんな文書を文書保管したいですか?

どんな文書でしたら、文書保管したくなるのでしょうか?

個人的なものでしたら、家に置いて人に見られたくないもの。

昔の恋人の写真ですとか、手紙ですとか・・・結婚していますと、なかなか置いておくのもはばかられるものです。

実家に置いても良いのですが、部屋が手狭になってきますと、「片付けなさい」などと、言われてしまうかもしれません。

そのような場合、倉庫に文書保管してもらえれば、お金はかかりますが見られる心配がないので安心です。

また、自分の小さい時の思い出の物とか・・・一生懸命書いた絵や作文で特に先生からハナマルをもらった物は、なかなか捨てられません。

人にはどうでも良い物かもしれませんが、自分にとっては捨てられない宝物です。

小さい時の写真も若い両親や親戚の人たちが移っていると、なかなか捨てられないものです。

最初は取っておけても、子供が生まれ子供部屋を作りますと場所を取られて、自分の物が置けなくなってしまいます。

そのような場合、捨てられないものは倉庫に預けるのも良いでしょう。

企業で文書保管するといい事ばかり・・・?

企業で文書保管する場合、悪い事より良い事の方が多いという事が解りました。

家庭より文書保管したい文章がたくさん出るからでしょう…保管するスペースも大量に必要です。

ため込んでしまっては、どんどんたまる一方です。

狭い部屋を広く使いたいでしょうし、段ボールで取っておいて、再度調べるのも、ひっくり返して調べ直さなくてはなりません。

企業内にそのような保管部屋が在れば良いのですが、都会ですと、土地代も高いので保管用の部屋を確保するのは大変です。

資料を整理整頓して保管するために保管用の部署も必要になってくるかもしれません。

そうなると、人件費もかかるでしょう・・・文書保管してくれる企業に頼めは、それよりは安く保管できるかもしれないし、より整理整頓して解りやすく収納してもらいえるプロのサービスが受けられます。

また、より厳重に秘密が守られるでしょう。

調べたいときは行って調べれば良いのですが、ちょっと遠いので行くのも大変です。

そのような場合、遠くからでも頼めば、Webで、スキャニングしてもらって、見る事もできるサービスもあり、とても便利です。

コメントは受け付けていません。