文書保管の良い所は何?

文書保管の良い所は何?

文書保管をして良かったと思う事はどんなことでしょうか?

家に置いておいたり、会社の机の引き出しに置いておいて、誰かに見られたら困るような物でしたら、ぜひ、自分の手元に置かないで文書保管した方が良いかもしれません。

捨ててしまえば良いのですが、どうしても捨てられないものがあって、自分の手元に置いておけないもの・・・個人的な物でしたら、昔の恋人の写真や思い出の品など。

結婚をしていたり、新しい恋人がいたり、大切な思い出でも、相手に見つかっては相手も嫌な思いをするだけかもしれません。

きれいさっぱり忘れてしまえば良いのですが、こればっかりは捨てられない物も、あるでしょう。

また、家が狭かったり、置くところが無かったり、普段使わないのだけれど捨てられない、また、たまに使う物とか、文書以外でも、預けたいものはたくさんあるかもしれません。

企業などでは、ライバル企業などに情報が洩れては困る内容のものは、手元に置かないで機密文書として文書保管しておいても良いでしょう。

文書保管の悪い所ってなんだろう?

文書保管の悪い所はあるのでしょうか?

国の各省庁や地方の自治体ではたくさんの公文書が出ます。

政府が管理している文書だけでも、1000万件以上の公文書が存在し、それを保管するため、国立の公文書館というものがあるようです。

全部を保管していることはないようですが、その中で重要な書類を文書保管し、今では100万件以上の公文書があります。

しかし、あまりに公文書の量が膨大なため歴史的価値のあるものまで、処分されているようです。

国民が知らないまま、国の各省庁や自治体の選抜した何人かの人たちが文書を選抜しているようです。

いろいろな文章を公表することなく保管し、秘密裏にしてしまうのは、今の時代どうなのかな?

とも思いますが・・・昔の日本でしたら、お偉方の意見で左右され、右と言えば右、左と言えば左と、自由にできなかった時代もありますが、今はみんなが知る権利がある時代、考える事ができる時代なので、公表しても、良いような気もします。

企業や、個人的な事ならば、知られたくない事は保管するなり、処分するなり自由に行って良いのですが…今の日本は国民でなりたっているので、そのあたりが微妙です。

文書保管したらいくらかかるか?

文書保管をしたら、いくらかかるのでしょう。

自分の家や企業などで、保管すればお金は一銭もかかりません。

いくら、保管しようと、保管し過ぎってゴミ屋敷になろうと、お金はかからないでしょう。

しかし、周りの人から苦情がくるかもしれませんが・・・段ボール箱が山積みになっていようが、見た目を気にしない人は文書保管も苦になりません。

一年くらいは取っておいてそれ以後は捨ててしまえるものは良いのですが、アルバムとか子供の成長日記などはたまる一方です。

親にとっては宝物なのですから、捨てられません。

特に、アルバムなどは大事に取っておいてあるでしょう。

しかし、部屋の収納場所が足りなくて、物が溢れてしまったら、段ボール箱が山積みになってしまいます。

オシャレな部屋に住みたい人はインテリアに凝ってみたり、モデルルームの様に部屋をきれいにしています。

そのような部屋でも、油断していると荷物が多くなってしまうものです。

そのような場合、文書保管して物を倉庫に預けてみるのもよいかもしれません。

コメントは受け付けていません。